• シャレー総合探偵社

マッチングアプリで付き合った相手との復縁はできる?できない?復縁のコツも紹介



「マッチングアプリを通して付き合った人と別れた」

「アプリで楽しくメッセージを送り合っていたのに、突然連絡が途絶えた」


この記事にたどり着いた人の多くは、そのような経験があると思います。そしてマッチングアプリで知り合った相手との復縁を望んでいるのでしょう。


シャレー総合探偵社は、マッチングアプリの復縁に特化したサービスを提供している探偵社です。プロフェッショナルの視点から、マッチングアプリで復縁するコツやノウハウをお伝えします。


マッチングアプリでの復縁の可能性はゼロではない



まず、マッチングアプリで復縁できるかどうかですが、確率は低いものの、不可能ではありません。


そもそもアプリは”軽い気持ちでの出会い”を求める男女が集まります。合コンや婚活パーティーに参加して素敵な人を見つけるのと、アプリを使って出会いを求めることは、そこへ飛び込むことへの意識に雲泥の差が生じます。


アプリの場合、出会った相手との連絡をシャットダウンすることへのハードルが低いのです。出会いや別れは、半ばゲーム感覚であるとも言えます。


それが、マッチングアプリでの出会いには別れが訪れやすいことの背景です。すぐに次の人を見つけようとする意識も強く、気持ちの切り替えが早いのも特徴です。


ただし、別れてからの復縁の可能性はゼロではありません。


復縁の確率が高まる要素の1つに、アプリの種類があります。「ペアーズ」や「with」、「Omiai」など様々なアプリがありますが、それぞれ方向性が異なります。


復縁確率の高い婚活型かどうかが重要

マッチングアプリは、婚活型と恋人型に大別されます。婚活型には「Omiai」「ゼクシィ縁結び」「ペアーズ」「マリッシュ」「ユーブライド」があります。


恋人型が「ティンダー」「タップル」「ウィズ」「東カレデート」「ダイン」「イヴイヴ」「ゼクシィ恋結び」です。


婚活型は比較的真剣な出会いを求めている人が多く、復縁はしやすいでしょう。恋人型はその日限りの出会いを求める人も少なくなく、復縁はしづらいと言えます。


更に各マッチングアプリは、出会いへの真剣さが異なります。


婚活型の「ユーブライド」「ゼクシィ縁結び」「マリッシュ」「Omiai」は、結婚相手を探しているケースが多く、真剣な人たちが多い印象です。


その一方で、恋人型の「ティンダー」「ダイン」「東カレデート」は、一度切りの出会いを求めている人ばかりが目立ちます。


復縁を望む人は自分の気持ちばかりが先行してしまいがちですが、相手がどのようなスタンスで出会いを求めてきたのかを知ることが重要です。マッチングアプリの種類はそれを測る重要なバロメーターになります。


復縁の3つのポイントとは?



①一方的に復縁を迫らないこと

②最後の別れから一定の期間を置くこと

③第三者に相談すること


好きになった気持ちを抑えることができず、感情的になって復縁を一方的に迫らないでください。これが一番多い失敗例です。


別れたことには、必ず理由や原因があります。それを冷静に見つめなおすことなく相手に復縁を迫ると、今まで以上に気持ちが離れてしまいます。


冷却期間として、半年ほど時間を空けて連絡をとるのが望ましいでしょう。時間を置くと相手の状況や気持ちが変わり、もう一度会えることも少なくありません。再開しても、すぐに復縁の話を切り出すのではなく、少しずつ関係を修復しましょう。


もし、連絡手段をブロックされている場合は、一人で復縁をするのは不可能に近いと考えてください。第三者に相談することをお勧めします。


マッチングアプリの復縁はシャレー総合探偵社へ!

シャレー総合探偵社は、マッチングアプリに特化したサービスを提供しています。着手金は業界最安水準の33万円(税込み)。相談は無料で承っています。


相手にブロックされたり、一方的に連絡を遮断された場合、再び会える確率はほとんどありません。シャレー総合探偵社は、SNSやアプリを駆使して相手の所在を割り出し、復縁のチャンスを作ることができます。


サービスの詳しい説明はこちらをご覧ください。


https://www.chalet-japan.com/post/datingapps-service-20220929


シャレー総合探偵社は、千葉県を拠点として東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県、群馬県、茨城県を中心に全国まで幅広くカバーし、相談者の悩みを解決してきました。復縁に限らず、浮気調査、身辺調査など、様々なサービスを提供しています。


悩む前にシャレー総合探偵社にご相談ください。LINEで相談を受けつけています。こちらのアイコンをクリックして友だち登録してください。


メールでのご相談も受け付けています。